川崎市国際交流センター/公益財団法人 川崎市国際交流協会

国際文化理解講座

プィサンキを作りましょう

プィサンキとはウクライナに古くから伝わる、卵の殻にろうけつ染めで模様をつける伝統工芸です。この講座では、模様や色の意味を学びながら、3つのパターンの模様や色で卵に色つけをします。

プィサンキ1 プィサンキ1 プィサンキ1 プィサンキ1
第1回:11月10日(木)10:00〜12:30
「生命の木のシンボル」
生命の木や世界樹は、家族、健康、精神的な成長を象徴しています。シンボルのバリエーションについて学び、卵に描きこみます。重要な役割を担う色彩の意味についても学びます。
講師写真
講師:テチャーナ・ソロツカ(伝統工芸作家、ウクライナ・キーウ出身)
第2回:11月17日(木)10:00〜12:30
「母なる大地のシンボル」
ひし形と斜め十字は、母なる大地と世界の東西南北のシンボルです。卵の殻に描く分割線の違いについても学びます。
講師写真
講師:テチャーナ・ソロツカ(伝統工芸作家、ウクライナ・キーウ出身)
第3回:11月24日(木)10:00〜12:30
「太陽のシンボル」
プィサンキでは、星は太陽と生命のシンボルです。シンボルを表す模様の種類と、全体の模様への組み込み方を学びます。このデザインを「針の目」(the eye of the needle)と呼びます。
講師写真
講師:テチャーナ・ソロツカ(伝統工芸作家、ウクライナ・キーウ出身)
日程:
11月10日(木)10:00〜12:30
11月17日(木)10:00〜12:30
11月24日(木)10:00〜12:30
場所:
川崎市国際交流センター
川崎市国際交流センターまでのご案内
定員:
20名(定員を超えた場合は抽選)
参加費:
1,650円(全3回、税込)
参加決定後、事前振込(参加決定者に、振込先を通知します)
材料費:
1,650円(3回分、税込)
初回集金(初回講座当日に、現金でお支払いください)
お申し込み方法:
申込みフォームよりお申し込みください。(9月15日[木]から受け付けます)11月1日(火)締め切りです。
主催・お問い合わせ:
川崎市国際交流センター(指定管理者:公益財団法人 川崎市国際交流協会)