川崎市国際交流協会

サイトトップ / やさしい日本語トップに戻る

お問い合わせ


住宅

市営住宅

市営住宅に申し込みできる人は、

  1. 住宅に困り
  2. 現在同居しているか、これから同居する親族がいて
  3. 市内在住または市内の同一勤務先に1年以上勤務していて
  4. 所得制限の範囲内の人

です。年 2 回(春、秋)募集します。募集時期は市政だよりでお知らせします。

一部、単身者でも申し込みできる施設もありますので、詳しくは、川崎市住宅供給公社市営住宅管理課(電話:044-244-7578)にお問い合わせください。

* 県営住宅は神奈川県住宅整備課(電話:045-210-6557)へお問い合わせください。

民間賃貸住宅の入居支援

日本の習慣では、民間賃貸住宅を借りるときは保証人が必要になります。保証人が見つからない場合、次の 1〜3 の条件を満たす時は市の居住者支援制度を利用することができます。

  1. 家賃の支払ができる見込みがあり
  2. 自立した生活ができ
  3. 市内に外国人登録をしているか、または在勤・在学の人

です。

* 保証料は、2年間契約で月額家賃と共益費の 35 パーセントです。
* 制度を利用できる不動産店は、市内の協力不動産店です。
* 2年間の家財保険に加入することが条件です。

詳しくは、川崎市国際交流協会(電話:044-435-7000)または市役所住宅整備課(電話:044-200-2997)にお問い合わせください。

* 神奈川県には住居に関する相談ができる住まいサポートセンター(電話:045-228-1752)があります。



Copyright (c) Kwasaki International Association. All rights reserved. 066171